に投稿

大分県臼杵市/S様邸

杉の素朴さが懐かしさを演出する家族団欒の家

ご家族の和みと機能性を追求した間取りや、自然素材で表現するやさしい空間が特長の住まいです。

外観では、陶器瓦とバランスのよい色調の壁色が落ち着いた雰囲気を演出しています。床には杉・檜(ひのき)の無垢材を使用し、壁には珪藻土塗りと杉板張り、エコクロスを使用しています。

その他にも、骨太構造、バリアフリー、全室ペアガラスや西陽照射面の遮熱高断熱ガラスの断熱仕様による「次世代省エネ基準4等級」、豊富な収納スペースの確保など、まさに「機能性を追求しながらも、自然素材の優しさとが調和した住まい」となっています。