大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム

大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
〒874-0919 別府市石垣東3丁目6番12号 TEL 0977-22-3884
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
家づくりQ&A・新築をご検討のお客様へ
大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
  • HOME > 家づくりQ&A ~新築をご検討のお客様へ~

家づくりQ&A ~新築をご検討のお客様へ~

林興産アイズホームの家づくりについて、気になる工法や資材についてのご説明です。



Q1. どんな基礎工事を行っているのですか?

A1. 基礎工事の一般的な工法として「布基礎」と「ベタ基礎」と呼ばれる、2種類の工法があります。アイズホームでは、このうちの「ベタ基礎」を採用しております。また、より強固にする為にコンクリートの厚みや鉄筋の本数は建築基準法以上の仕様とし、更に地震の横揺れ対策としてコーナー補強も採用しております。




Q2. どんな構造なのですか?

A2. 昔から行われてきた信頼のある木造軸組み工法です。土台には桧(ヒノキ)を使用し、柱には桧(ヒノキ)・杉(スギ)、横架材には杉・米松(スギ・ベイマツ)を採用し、これらの木材の持つ特性に合わせて適材適所で使用します。またこの主要構造材は全てがしっかりと乾燥された木材のみを使用してますので、強度と耐久性に自信を持っております。軸組工法は、パネル工法などに比べてリフォームもしやすい強度と柔軟性をあわせ持つ工法でもあります。




Q3.木造は地震に対しては弱いと思うのですが?

A3. コンクリート造や鉄骨造などと比べて、木造だから弱いということは決してありません。アイズホームでは、全棟地盤調査を行い、軟弱地盤に対しては基礎補強を行うことにより、地盤の安定を図ります。構造の耐震性については、建築基準法で定める基準値の約1.2倍以上の強度で設計しております。湿気の多い日本、特に九州は調湿作用のある湿気と向き合える材料を使う事が、強度と耐久性において特に重要な事なのです。




Q4. 省エネ住宅ですか?

A4. 一般的に言われる省エネ住宅とは気密性を高め、空気の自然な流れを遮断することで、家を魔法瓶のような状態にします。アイズホームでは、漆喰(しっくい)や無垢材(むくざい)の持つ調湿性能などをうまく利用して、自然素材のもつ力によって省エネ住宅を実現しています。




Q5. シックハウスは大丈夫ですか?

A5. アイズホームの家は可能な限り無垢の床材や漆喰(しっくい)等の自然素材を使用する事でホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物の発生を抑えております。ですので24時間換気もシンプルな種類で十分なのです。自然素材を採用した「呼吸する家」だからこそ、安心・安全な家づくりができるとアイズホームは考えます。




Q6. 無垢の床材の特徴はなんですか?

A6. 調湿効果、肌ざわり(夏はベタベタしない、冬はヒンヤリしない)、目にやさしい、という点がお住まいになる方が身体で体感できるメリットです。また、歳を重ねると見た目が味わい深く変わっていくのを楽しめるのも無垢床材の特徴です。




Q7. 無垢の床材は汚れや水に弱いのでは?

A7. 無垢の床材は十分に時間をかけて乾燥したのちに自然塗料をなじませますので、汚れ防止と撥水効果があります。長時間放置するとシミになりますが、歳を重ね味わい深い色合いになった時目立ちません。昔の小学校やお寺の床などが良い例です。




Q8. 無垢の床材はヘコミやキズに弱いのでは?

A8. へこみに対しては元に戻ろうという形状記憶性質がありますので、凹んだ箇所に水を含んだ脱脂綿やティッシュを置いておくと元に近い状態に戻ります。傷がついても、合板のフローリングのように劣化が加速することはありません。キズはペーパーがけでなめらかにすれば問題ありません。合板フローリングを研磨すると中身の合板が見えますし腐食の原因になりますので、合板には真似の出来ない本物の無垢床材が持つ柔軟性といえるでしょう。




Q9. 漆喰(しっくい)の特徴はなんですか?

A9. 優れた調湿効果、燃えない、抗菌・防カビ、汚れを寄せ付けない、消臭効果・・・などがあげられます。見た目だけでなく、その性質も壁紙とはまったく異なった、壁に最適で万能とも言える素材です。




Q10. 漆喰(しっくい)は割れたり、ボロボロとこぼれ落ちたりしないですか?

A10. 余程のことがないかぎり「ない」と考えて頂いて問題ありません。漆喰は時間が経つにつれ強度が増し、たとえば釘を打ち付けても割れたり、ひび割れたりしません。




Q11. 漆喰(しっくい)が汚れたり、傷が付いたりした場合はどうすれば良いのですか?

A11. 漆喰(しっくい)の壁がよごれたら、ペーパーがけできれいにする事ができます。また、傷がついた場合も、その箇所だけに漆喰(しっくい)を上塗りする事で簡単に補修することができるなど、メンテナンスを考えても、とても便利な素材です。




このページの最上部へ戻る