大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム

大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
〒874-0919 別府市石垣東3丁目6番12号 TEL 0977-22-3884
サイト内検索
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
投稿記事の月別アーカイブ
大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
投稿記事メニュー
  • 2011年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
大分県の新築一戸建て・自由な間取りの注文住宅や自然素材の家づくり・林興産アイズホーム
2011年1月28日 カテゴリー: スタッフブログ

「ターシャ・テューダーの庭を目指したスローライフの似合うガーデニング(1)」 ~大分県内の自然素材住宅の現場から~

みなさん こんにちは。 今回の自然素材住宅の現場は、大分県日出町大神にある自然の中の小さな家のガーデニングをご紹介いたします。

自然住宅に似合うバラ

こちらの物件は弊社にて設計・施工をご依頼いただき平成22年1月に竣工したものですが、300坪もある広大な敷地を活かした庭造りが施主様のご希望としてあり、少しずつ時間と手間を掛けてご自身で庭造りをすすめ、最終的にはターシャ・テューダー(※)さんの様なスローライフを存分に味わうことの出来る庭を目標とされています。

施主様は設計プランを検討する最初の段階から、「スローライフが似合う雑木林の中に立つ小さな家」というイメージがあり、「薪(まき)ストーブを取り入れること」と「最初から住み慣れたような温かさ」を形にしたいとのご要望がありました。

まず、300坪ある敷地。これは大分市や別府市の中心部では、予算だけでなく土地自体の確保もなかなか難しいと思いますが、弊社グループ企業の林興産不動産情報センターが日出町大神ファーム近くにて分譲販売している区画が、立地やご予算などとマッチしたこともあり、施主様にも喜んでいただけました。

IMG_007333

着工前の敷地の写真です。 広大な面積を活かして車の駐車がランダムにできる駐車場や、のちの菜園スペース、軽トラの入れるスロープ、家の玄関に向かう緩やかな曲線のアプローチなど、住んだ後の楽しみ方と形状・高低差を活かした造成を行いました。 また台風で折れる可能性のある槇の木の枝も撤去しました。 

この5ケ月後 建物が完成し、そしていよいよ外構工事。

11.1.29-3

敷地境界のフェンスは手造りの板塀にしました。一般的なアルミフェンスでは環境や建物にマッチしない事と、設置距離がとにかく長いため予算軽減も考慮しての事です。 もちろん板塀は自然素材なので手入れが必要な事もご理解頂きました。 製作は棟梁と左官職人さん、風が吹きさらしの環境なので丈夫に造り、施主様と私で防腐剤(色はパリサンダ)を2度塗りしました。 近くで見るとかなりのムラがありますが、なかなかの味わいに仕上がった皆の自信作です。

11.1.29-2

造成でおおかた仕上がった緩やかな曲線のスロープ。 ここにはホームセンターで購入した枕木に似せた踏み石とイエローベースの化粧砂利を敷き詰めました。 運んだ踏み石10数枚、1枚がかなり重くて車がシャコタン状態になりました。 あと1年経つとスロープの両サイドに緑、数年経つと真上は桜の花のアーチが出来るはず。 理想通りにいくでしょうか? それも楽しみです。

では次回は植栽です。(2月中旬頃かな) 何を植えたか、またのぞいてみて下さい。 ありがとうございました。
私の妻も「ターシャ」が好き。 豊田でした。

※ターシャ・テューダー(Tasha Tudor、1915年8月28日 – 2008年6月18日)はアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家である。彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われている。50歳代半ばよりバーモント州の小さな町のはずれで自給自足の一人暮らしを始め1800年代の農村の生活に学び、彼女の住む広大な庭で季節の花々を育て続けるライフ・スタイルは、日本でも注目を集めた。



2011年1月22日 カテゴリー: スタッフブログ

土地探しはお客様の気持ちになって(2) ~大分県の自然素材・注文住宅の現場から~

こんばんは。 きのうのサッカー中継でひとり静かに(子供たちはオヤスミ)興奮した豊田です。

伊野波選手の「迷惑をかけたチームへの恩返し」、「恩返し」という素直な言葉と潤んだ眼にジーンときました。さらにビールが進みました。

さて、土地探しの大切なポイントの続きです。環境面以外のポイントあと2つ、それは印象とイメージです。

人との出会いでの直感と同じで、出会った土地を初めて見た時、素直に「いいかも。」と良い印象を感じたら一歩踏み込んで環境面などの詳細を把握する行動に移すと良いと思います。逆に「なんかちょっと。」とよろしくない印象を感じたら別の土地を探した方が良いと思います。なぜならこの土地とこの地域で暮らすイメージが湧かないからです。

イメージはいろいろあります。先程のこの土地で暮らす現実感。それから具体的な毎日の暮らし方。例えば駐車場スペースの車の動き、玄関までの動き・目線、勝手口からゴミを運ぶ動き、リビングから臨める風景の楽しみやそれと逆の圧迫感などたくさんのイメージが必要です。これはご家族の理想の暮らし方=間取り・配置が基となりますので、イメージ出来るかはプランニング次第です。

11.1.22

採光など様々な環境面やお客様の理想の暮らし方を把握し、メリットやデメリットを説明します。土地を活かしたプランニングをする事は私たちプロの大事な役割。プラン(間取りなど)を見たお客様が自分達の動きや楽しむ姿がイメージ出来る様いつも思考錯誤しています。 

環境・印象・イメージ、もちろん資金的に無理がないか。私たちは、自分がこの土地に決めたなら・・・という思いでお手伝いさせてもらっています。 

長くなりました。冬の影や悪天候や防犯などまだまだありますが最後にひとこと。

早い者勝ちというのは事実ですので矛盾しているかもしれませんが、土地探しは一生の舞台探しと資産探しだと思います。あせらずじっくり探しましょう。必ず良い出会いはあるはずです。微力ですがお手伝いいたします。



2011年1月20日 カテゴリー: スタッフブログ

土地探しはお客様の気持ちになって(1) ~大分県の自然素材・注文住宅の現場から~

お客様のご依頼を頂き、日出町の土地を探しに本日、行って来ました。

そこで、土地探しの大切なポイントの話をしたいと思います。

事前に集めておいた情報(林興産や他の不動産業者さんやインターネット)の中から、お客様がご希望する条件(地域、広さ、ご予算)に近い物件を出来るだけ多くピックアップし、実際に現地に向かいそれぞれの環境を事前に調査します。

11.1.20

環境とは・・・方位、採光、日射、利便性、上下水道施設の有無、接道状況、隣家の建て方などです。やはり実際見てみると、相場より金額がお手頃の物件は、環境面での理由がそれぞれあります。 その理由を理解しておらず土地購入の話を進めてしまうと後でお客様が困ります。

例えば、上下水道施設や造成の工事が思いのほか必要となり、いざ建築しようとする直前にかなりの負担になってしまう事などが挙げられます。 お客様の気持ちになると「後で追加追加・・・」というのはほとんどの方が嫌な事でしょうし、私も嫌です。

現地に行くとそれぞれの土地にメリットとデメリットがある事がわかります。 事前調査では特にデメリットを見逃さないよう心掛けて、お客様にご理解とご判断をして頂いています。

住んでから初めて感じる事もあると思いますが、お客様は理解した上で、候補から選択した自分達の土地に自信を持たれているので、少々のデメリットもしっかり受け止め後悔もないのでは無いかと思います。 

土地を探すにあたっての大切なポイントは、環境面以外にあと2つあると私は思います。

この続きは明後日、書きたいとます。よろしければ見て下さい。ありがとうございました。

きのう「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶオラの花嫁」のエンドロールで製作スタッフの想いを感じ、とても感動した豊田でした。



このページの最上部へ戻る